読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

外に求めると、全部自分へ跳ね返って来る。

一旦、嫌なこと全部やめよう。

←前の記事はこちら

f:id:dotzdotz:20160913184641j:plain

そう決めて、似合わない洋服を捨てて、
バッグも靴も一新しました。
仕事も辞め、将来の見えない彼氏とも別れて、
自由の身になってみました。

週末は撮影や映画美術館に行き、
行きつけのバーで飲んで帰る。

ひとりの優雅な時間はとっても素敵で、
わたくしの心を満たしてくれました。

でも、同じ方向を向いて、
歩んでくれる人が、ここにいて欲しい…。

けれど、あらためてどんな人ならば
一緒に生きていけるのか、想像ができません。
こんな人、ってよくわからない。

ならば、わかってみようと、
某婚活サイトに登録して、
自分に興味を持ってくれた方と
とにかく、会ってみる。
という百人組手みたいな実験を始めました。

週末に一人か二人とお会いするペースで、
三か月の間に、二十人ほどの方とお会いしました。
(いや、しかしいろんな人がいるもんだなと、
なんだか、色々と面白かったです。)

そうすると、それまで漠然と自分が考えていた
こんな方がいいなという気持ちは、
いつの間にか、どこかへ行ってました。

一緒に楽しくお酒が飲めて、
旅行が好きで、映画と音楽が好きで…。

そんなフワフワした価値観は、自分にとって、
どうでもよかったことに気がついたのです。

そんな憂さ晴らしを共有できる人なんかじゃなくて、
もっと、ガツンと人生を共有できる人が必要なんだ。
と、ふと気がついてしまった。

だから、

  • 他者への礼儀と愛を持つ人であってほしい。
  • 自分の信念を持っている人であってほしい。
  • 今を生きることに対して真剣であってほしい。

そんな人が必要だとわかったのです。

そして、それはガツンと激しい勢いで、
自分へ跳ね返ってくるものでした。

こういう人と、共に居たいと言うことは、
〈それにふさわしい自分〉
でなくてはならないということです......。

わたくしは、

  • 他者への礼儀と愛を持つ人だろうか。
  • 自分の信念を持っている人だろうか。
  • 今を生きることに対して真剣だろうか。

ああああああ!
自分がこうあらねばならんのですね、神様!

外側に求めるものは、
全て自分の内側に原因がある。

そこに気がついて、
わたくしの百人組手は終了いたしました。

生きるってなんだ!?
ここからまた新たな問いの始まりでした。

→次の記事はこちら

~聞きたい、言いたい、などこちらからどうぞ~