信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

それって、好き?それって、楽しい?質問の効用。

前回、
手を伸ばさなければ、手に入らない。
という記事を書きました。

←前の記事はこちら

f:id:dotzdotz:20160927112418j:plain

でも、どれだけ頑張っても、
一向に満足しない。

これだ!
という感覚に出会えないのです。

素敵な人と結婚して、
なぜか派遣社員なのに、
正社員の頃より給料も上がり、
やりがいのあるポジションで
仕事も順調に認めてもらえてる…

でも、でも、なのです。
なんかちょっと違う…

このままのこの人生が、
本当にわたくしにとっての
幸せなのだろうか…?

そんなとき、一緒に働いていた友人に
「その仕事って、好きなの?」
と、聞かれました。

「好きではないねぇ。」
そう即答した自分に愕然としました。

なんだよ、好きじゃないことに
時間費やして、頑張ってるのかぁ。

その時、
猛烈に申し訳ない気持ちになりました。
誰にって、自分にです。

好きな事もしないで、
このまま生きていくの?

でも、好きな事ってなに?
またもやエンドレス疑問。

しかし、この質問は強烈です。
ぜひ、悩んだときには
素直に自分の心に聞いてあげてください。

「それって、好き?」
「それって、楽しい?」

きっと、方向性は感じられると思います。

好きか、楽しいかはわからない。
けど、それが好きじゃないってことはわかる。

そんな方もいると思います。
わたくしがそうでした。

そんな方は、この質問を繰り返して
みることをおすすめします。

なぜかというと、
「好き」矢印は、
本丸に一直線を描いてます。

が、
「好きじゃない」矢印は、
本丸から逆方向に、少し広い幅で、
淡いグラデーションの線を描いている
そんな場合が多いのです。

しかしながら、
そんな幅広グラデ矢印も、
十本くらい打ってみると、
「キライ」部分が、色濃く
浮かび上がってきたりします。

その「キライ」を深堀して眺めていくと、
「キライ」の裏側に「好き」が、
隠れている事に気がついたりします。

「キライ」「許せない」「腹が立つ」などの
厳しい感情の裏には、なにか守りたい、
大切にしたい感情が潜んでいる
ことも多いのです。

だから、
「キライ」「許せない」「腹が立つ」
そんな感情も、あなたの大切な一部。

あなたの大切なものを守る役割があるので、
大切に取り扱ってあげてほしいと、
思ってしまいます。

さて、

そんな折、半年間のインド出張から夫が帰国し、
次は出張ではなく、海外赴任になること。
少なくとも三年の期間と伝えられました。

行くのか、留まるのか。
行く心積もりで派遣に切り替えていたけど、
いざ、その立場になると決心が揺らぎます。

だって、海外に行って、
わたくしは何をするのでしょうか。

再び
「あぁ、わたくしには軸がないのだ…。」
そう感じました。

なぜ、こんなにも空虚なのでしょうか。
この感覚は、わたくしだけなのでしょうか。

そのとき、日経サイトで
自分の神話塾』を主宰しておられる
冨永のむ子さんを知りました。

この人に会いに行こう。
ナニカを受け取れるかもしれない…。
全く根拠のない、でも確信に満ちた決心で。

次の記事はこちら→

~聞いてみたい、相談したいなど遠慮なくどうぞ~