読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

自分を大切に扱うことを、 自分に許すということ。

前回、まず、
アロマオイルを入れたお風呂で
ゆっくりと体を温め、筋肉の緊張を
ほぐしてあげてください。
と、書きました。

←前回の記事はこちら

2016/10/14 blog photo by horie sanae

一見、何も関係がないと
思われるかもしれませんが、
大ありです!

やりたいのに出来ない。
変わりたいのに変われない。
あれもしなきゃ、
これもしなきゃ。
仕事は忙しいわ、
人とも会わなきゃだわ。

そんな喧騒の中に自分を置いたままで、
やらなきゃ、変わらなきゃ。

ただ、焦りだけで、
そう考えているとしたら?

あなたが、本心に目を背け、
気がついてないとしたら?

本当に自分が〈どうしたいのか〉すら
実は気がついていない、
という可能性がありますね。


以前、『たいせつなのは、
自分のしたいことを、自分で知ってるってこと

という記事を書きました。
案外、自分のことなんて
わかっているようで、
わからんもんなんです。

それは、

自分以外の価値観を優先して、
他人の価値観に、期待に応えるように、
生きて来てしまったから。

他人にどう思われるか、どう見えるか、
ばかりを気にして、
自分の心をないがしろにして、
生きて来てしまったから。

そう、それは
自分を大切にしないで生きてきたから。

ってことなのです。

ずっとずっと考え続けて悩み続けて、
疲れ切っている脳を、きちんと休めもせず、

頑張り続けて疲れのたまっている
体の痛みすら、いたわりもせず、

体に悪い食べ物で胃腸を酷使し、
運動することすら疎かにし、

これって、全部
〈自分を大切にしてない〉のです。

疲れた脳は、きちんと働かなくなりますし、
疲れた体だって、同様です。

そんな中で、好きなことやりたい!
新しい環境に飛び込みたい!
といくらあなたが考えても、

脳も体も、これ以上のストレスを
与えて欲しくはないわけです。

だから、〈変わる〉ためには、
きちんと、脳と体を休ませてください。
(※もちろん、上げた例以外の
理由がある方もいますよ。)

体を温めて、柔らかな香りに包まれて
心地よくいることだけを感じてください。

心地よく、安らかでいることを、
自分を大切に扱うことを、
自分に許してあげてください。

何もできないなんて、
自分を責めずに、

未来について不安になることも、
過去についてくよくよと悩みもせず、

ただ、今がある事への
感謝の気持ちの中にいてください。

そして、ゆっくりと
睡眠をとってください。

満たされる感覚を、
五感で味わってください。

自分を満足させることが、
「変えられない」呪縛から逃れる
一歩となると思うのです。

~聞きたい、言いたい、などご遠慮なくどうぞ~