読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

「自分の内面を見る」ってなにしてるの?

「自分と向き合う」とか
「自分の内面を見る」とか、
なにしてるの?
と、聞かれました。

2016/11/16/ blog photo by horie sanae

(写真は、2012年チェンマイのコムローイ上げ。
先日14日がロイクラトンだという事で、アップ♪)

わたしは、
なんでそんなことを聞きたいの?
と、意地悪なことに、
質問に質問で返答。

なんか、
これじゃいけないって
思ってるけど、
どうしていいかわかんないの。
誰も教えてくれないし、
聞ける友達もいないし、
セミナーや講座でも
ちょっと違って…。

それはレーベンスヴェンデといってねぇ、
覚えたての心理学を披露したくなりますが
ぐっとこらえます。

それで、答えは自分に聞かないと
わからないと、そういうこと?

彼女は、(珍しく真剣に)頷きます。

人って、ちゃんと
自分が答えを知ってると
知ってるんですよねぇ。
なんだか、感動しますよねぇ。

「自分と向き合う」とか
「自分の内面を見る」とか、
たしかに、具体的に何をしてるのか
わかりにくいかもしれません。

やってることは単純に
自分の考えを客観的に見直し、
自分の本心を探っていく。

これだけ。

例えば
「これじゃいけない」
って思ってるなら、

パターン(1)
いつからそう思ってる?
と、自問してみます。

実は、結構前から思ってるなぁ。
だったり、何かのきっかけが
思い出されるかもしれない。

結構前からだとしたら、
この感じ経験したのいつかなぁ、
大学進学の時?
あ、中学校でもあった。
みたいに記憶を遡っていきます。

すると、結構昔の
その原因がみつかったりします。

そこから、あの時は
こうしたかったんだなー。
みたいなことがきっかけで、
本心に近づくことがあります。

他のパターンだと、

パターン(2)
「これじゃいけない」
なら、どうしたい?
って聞いてみる方法。

------今のままじゃ、ダメなのはわかった。
じゃ、何がダメなの?

なんかダメだっていう
漠然とした不安があるの。

------不安、不安はどんな不安だろうね?

今のままじゃダメになっちゃうような…
そんな不安。

不安も、怒りと似ていて、
必ずその後ろには、
親玉みたいな〈恐怖〉がいます。

それを自分の感じ方を頼りに
探っていくことで、
何を怖がっていたのか、
本心を探ってゆきます。

自分の考えを客観的に見直し、
自分の本心を探っていく。

ある考えを客観的に見ようとすると、
それを邪魔する思考があることにも
気がついたりします。

そして、なかなか
自分の本心を探っていくのは
口で言うほど単純で簡単な
作業ではありません。

プロの手を借りたほうが
当然スムーズですし
私自信も、カウンセラーの
手を借りています。

でも、敢えて
そこは、敢えて、
最初、ひとりで向き合ってみてほしい。

自分で自分と向き合う事を、
自分にゆるして上げてほしい。

だってそれは、あなたの
本心からの願いであるはずだから。

本心からの願いを、
ひとつ自分で叶えてほしい。

あなたが、あなた自身を愛する
その一歩を踏み出す自由を
あなた自身が与えて欲しい

それは、きっと
大きな一歩となるはずだから。

~聞きたい、言いたい、などこちらからどうぞ~