信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

傷ついたら「心」も手当が必要なの

昨日、冷え性のような
些細な症状でも
それを我慢せずに
治すよう心掛けてほしい。

という記事を書いたのです。
→「冷え性」も「しんどい」も放置しないでね

2017/01/20 blog photo by horie sanae

小さい症状も度重なると
大きな症状の引き金となったり、

それを放置することで、
大きな症状の原因と
なってしまうことがあるから。

わたしは、
心も同じことがいえると
考えています。

心は、ささいなことでも
傷ついたりするんです。

それはどんなに練習を積んで
体を鍛えたアスリートであっても、
同じこと。

小さなミスから
心のバランスを崩し
順位を下げていく

そんな、悲しいシーン
見たことありますよね。

そんなとき、
「心」についても手当が必要
であることが分かります。

でも、心については、
気を抜いたからだ、とか、
甘えがあったからだ、とか。

なぜか、
精神論で片付けよう
としてしまうのが、
今の世界です。

普通に生きている誰もが
小さな傷をたくさん
抱えて生きている。

無理やり抑え込んで
なかったことにしてしまった
わたしのような人もいる。

失敗、孤独、拒絶。
それらは、いとも簡単に
人の心を傷つけるのですが、

大抵の人は適切に処置をせず
なかったことにして

ぱたん。

と、フタをしてしまう。

感情のどこかにフタをして
その傷を閉じ込めてしまう。

閉じ込められた、よかったね。
万事OK!そう思った?

そのまま突っ走れる体力が
ある人もいるんだけど、

どうも、四十超えると
それが難しくてですね(笑

心のいろんなところが
上手に機能してないことに
気がついちゃったりして。

フタをしていても
癒えてはいないのですよ。

だから、フタをせず
傷をきちんと認めてあげて。

悲しかったね。
寂しかったね。
怖かったね。
つらかったね。
しんどかったね。

たくさんヨシヨシして
甘えられる人がいたら
さんざん甘えて、
美味しいもの食べて
愚痴でも言って、

そして、ゆっくり
素敵な音楽をかけて
アロマオイルを入れた
温かいお風呂に入って、
美味しいお酒でも飲んで
ぐっすり眠ってください。

傷ついた自分は
決してダメじゃない。

弱い自分だから
ダメな自分だから、
傷ついたわけではないのです。

どうぞ、きちんと
傷の手当てをしてあげてくださいね。

ガイ・ウィンチのTEDもどうぞ。

www.ted.com