信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

見えてない、に気がつくことは難しい

見えてない。
わかってない。

そんなことはたくさんあるのに、
わたしたちはつい、
見えてないものを、
なかったことにしてしまう。
f:id:dotzdotz:20170329193539j:plain
先日お話した男性は、
無意識とか、集合意識とか
なんかある気はするのだけど、
それだけを信じるのは怖すぎる。
と、仰った。

素直な感情を言葉にできる方で、
わたしはその感じ方を、
とても好もしく感じた。

そのことを伝えると、
怖いって言葉にするのも怖いですし、
目に見えてるもの以外にも何かある。
って考えも、ほんとは怖いんですよ。

でも、自分が関わってるの
Bluetoothの製品ですから、
言ってること本末転倒ですよね。
と、苦笑された。

こういう感性の方が
増えていくといいなぁ。

わたしが心理学を学んでいる
というと大抵、

おもしろーい!と
うさんくさーい!という
2極の反応に分かれます。

うさんくさーい!
の次には
心病んでるの?
って来たりするんで、
苦笑するんですけど、

やはり目に見えないものは
うさんくさいもの
と感じるのでしょうね。
(私が胡散臭いというのは置いといて)

でも案外いまの生活は、
たくさんの目に見えないものに
支えられていますよね。

微生物や菌など、
小さ過ぎて見えないもの。

携帯電話、電子レンジなど、
光や電波などの波長。
探せばたくさん出てきます。

そして、
人の意思や感情。

この、意思や感情が無ければ、
人類はここまで種を拡大して
繁栄して来れなかったはず。

目には見えないけど、
意志なくしては、
いまの安全で快適な生活すら
存在しなかったはず。

見えないけれど、
大きな力を持つ
「こころ」という存在を、
もっと、気にして、
気がついて欲しいなぁと
思うのです。

しかしながら実際のところ、
目に見えないものは、
やっかいなのです。

だって、見えないもんね。

でもでも、
気にしてみようと思うならば、

自分の感情や感覚を
大事にすること。
から、始めて頂きたいのです。

私は長いこと、
感情にフタをしておりましたので、
悲しいとか、寂しいとか、
ネガティブな気持ちが
よく分かりませんでした。

分かるんですよ、頭では。
あるんだろうなーって。

でも、感じません。
感じるって、なんですか( ¯−¯ )?
って感じです(そこは感じる)。

このブログ読んで
くださっているということは、
ひょっとするとあなたも、

感情感覚に厚いフタをして、
その上からコンクリで塗り固め
慎重に御札を貼るような、
思考優先型タイプなのかもしれません。

いいんです!
いいんですよ!そのままで!
無理に変わろうとしなくていい。
ダメだ!って思わないで。

そうなのです。
見えてないものに気がつく。
それって、とても難しいんです。

特にネガティブな感情は、
それに気がつきたくなくて
フタをしているので、
こころの奥底では、絶対に見たくないと
誓っているかもしれない。

でも、ない!って断言しないで、
あるかもねー。
くらいに緩めてみませんか。

たまにでいいです。
ちょっとだけ〈こころ〉さん
何か言いたいことありそうかな?
って、耳を傾けてみてください。

こころは見えません。
でも、何もない!と言いきれる人は
いないでしょう。

ないと思ってると見えないけど、
あるかもと思って耳を傾けると、
聞こえて来るかもしれません。

それは、自分を大事にすることの
ひとつなのかもしれません。


~聞きたい、言いたいなど、こちらからどうぞ~