信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

あの時こうしていたら、と思った時に。

あの時、こうしていたら。
あの時、それがあれば。
f:id:dotzdotz:20170323181305j:plain
人気漫画のタイトルではないけれど、
私たちの心は、油断してると過去に飛ぶ。
それはもう魔法みたいに、あっという間。

ぼーっとしていると、
頭の中で、過ぎた事柄や、
不安がぐるぐるしてくる。

ああだったなら、
こうでなかったなら。

過去が違ったなら、
いま、違う現実があると
言うかのように。

果たしてそれは本当なの?

私たちにとって過去の記憶は、
厳然たる変わらない出来事。
であるかのように思える。

けど、実際は、
過去は書き換えられるもの。
らしい。

どんなに記憶に自信があっても、
記憶を取っておくことは
できないみたいなの。

人の過去の記憶は変わるもの。

都合よく脚色され、
書き換えられて
事実とは異なることが多いもの。

というのは、
科学的に証明されている
そうなのです。

そう、過去の記憶は、
解釈された物語に過ぎない。

つまりタラレバは、
あなたが作り上げた幻想。
というわけ。

どう思う?
そんなことないよ、
事実は事実でしょ?
って思ったりする?

うん、起こった出来事。
というのは、ある。

それを、
どんな風だったか、どう思ったか。
その記憶には多分に脚色がある。
ってこと。

そして、それは
〈あなたの世界観〉という
色メガネで色付けされている。

その世界観が、
私は愛されない。とか
私は価値のない人間だ。とか
私はいつも攻撃される。とか...

だったりすると、
悲しい記憶として蓄積されるの
悲しいね。

悲しい思いを抱えてると、
過去まで悲しく色付けてしまう。

では、
〈今〉はどうだろう?

今は、過去と繋がってる、そう思うかな?
過去の積み重ねがあっての今。

そうかもしれない、
でも

今は、未来とも繋がってるね。
今の積み重ねが、未来を作る。

〈今〉には、
未来を選択する自由がある。

次の選択肢が、
温かく優しいものなら、

これからの未来は、きっと
温かく優しいものになる。

それを続けていくなら、
あなたの世界観は変わり

いつしか、
その地点から振り返った
あなたの過去は、

温かい優しさに、
満ち溢れた記憶となっているはず。

でも、今悲しいんです。
そんな人は、存分に悲しんで欲しい。
悲しいを封じ込めないで。

悲しいの先には、次の選択肢が、
未来があるから。

次の1歩を変えて、
未来も過去も変えていこう。


~聞きたい、言いたいなど、こちらからどうぞ~