信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

102日目:自分を作り上げてゆくのは自分自身だけ

会社を辞めてから102日が経過いたしました。
するっと土日で記念すべき100日目が過ぎてしまいましたが、土日は無理に更新をしないポリシーで書いておりますので、ご了承くださーい。ごきげんいかがですか?

2016/07/11 blog photo horie sanae

この週末、実家から母がきておりました。
わたくしの母は、若い頃から看護師として働き、定年を迎えてからもなお、介護施設などで看護師を続けております。

ずっと、たくましく働き続けてきた母ですが、最近は疲れたとか言うようになって参りましたので、わずかばかりですが、気を使ったり、助けたりさせてもらえています。

親に「与える」機会を頂ける。
これって、とてもありがたいことですね。

成長して成人になっても、
親にとっては、子どもは子どものままですし、
子どもにとっても、親は親のままなのです。

子どものままでいるとね、もらうばかりなのですよ。
いつまでも甘えてしまうのですよね、良い年をした大人なのに。

でも、いつしか年月が経ち、
子どもも、次の世代を産み育て、親になり、
親も年を取り、衰えてきたりもします。

いつも心配され、守られてきた立場が少しづつ逆転する。
寂しくもありますが、自然の摂理のなかで生命をつなぎ、親を心配できる立場にたてるということは、素朴にありがたいことだと思うのです。
「与えらえれる幸せ」の他に、「与える幸せ」も経験させてもらえるわけですから。

今回わたくしは、どうしても母親に伝えておかねばならないことがありました。
それは、大学入学で一人暮らしをしなさいと、東京に送り出してくれたことへの感謝です。

周りの方々に責められもしたそうです。
娘を一人で東京にやるなんて、娘がかわいくないのか、危ない目にあってもいいのか、と。

ですが、わたくしにとっては、それが本当の自分に戻る旅の始まりでした。

二十歳まで育ててくれるのは親だったり、周りの大人だったりするかもしれません。
しかし、そこから自分を作り上げてゆくのは自分自身だけです。
どのような人になりたいか、どのような生活をしたいのか。
目標を持ち、進んでゆくのは自分だけなのです。

その前提として、親と精神的に和解しておくことは大事かもしれません。
信頼と愛は、全てをうまくいくように計らってくれています。
愛を信じる強い意志が、本当の自分、そして幸せへの近道なのかもしれません。

~聞きたい、言いたい、などこちらからどうぞ~