読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

106日目:たいせつなのは、自分のしたいことを、自分で知ってるってこと

たいせつなのは、自分のしたいことを、自分で知ってるってことだよ。
とは、スナフキンの言葉です。ごきげんいかがですか?
2016/07/15 blog photo by horie sanae

うすうすは気がついてたのですが、
最近プチぱっかんしたもので、ちょっと書いておきます。


わたくし、ずっと絵をかいたり、
モノを作ったりするのが得意でした。


得意というからにはやっぱり、
ちょっとだけ人よりうまくて、
ちょっとだけ人より効率が良いのです。


しかし、前職はwebディレクター(※)でして、
別に金勘定やスケジュール管理が得意かというと、
まったくそんなことはありませんで。


(※web制作をチームで行う上での、
スケジュールやリソース配分の管理、
またお客様との交渉などを主に担います。)


しかもお客様との交渉など、全く得意ではないのです。
それなのに、なぜかデザイナーで採用された会社でも、
過去10年間ディレクターです。


むしろ、もはやデザインなんて、できません。
そんな状態でした。


これって、いわば周囲の方々の要求に応える形で
このポジションになってしまった、というのと、
(これを他人軸で生きるといいますね、いてて)。


(こっちが本題)
実は、心の中では「デザインなんて出来ない」っていう
本音があったからなのだと思っています。


ディレクターの方が給与もいいし、
なぜか、この仕事も苦ではないので、
みなさんの役に立てるなら、やりましょう、
って感じでした。


が、


で、ぽこんと会社やめて、
なにしてもいい状態になったとき。


なんにも作りたくない。
いや、作れない。


バッグ作りたい、って思ってるのに、
作れない、というよくわからない状況になったのですよ。


なんじゃこれ、
やりたいのか、やりたくないのか
はっきりせい。
自分に激しくツッコミ。


やりたい、という気持ちはある…みたいなんです。
でも、実際にやろうとすると
なんだか、腰が重いのです。


頼まれモノに、ちょっと時間の猶予を頂いて
いったん作るの止めてみました。
そしたら、とっても気が楽になったの。


そして、自分の心に聞いてみたのです。
「作りたくないの?」


そうしたら
「どうせ大したものつくれないよ。」
「才能ないしね。」
って、拗ねてる自分がいました。


これは!
いままで、モノ作ることだけが!
心の支えだったわたくしには!
衝撃です!


一瞬で粉々に砕け散って、
広い宇宙の星屑になりました。


まーじかー…。


みんな同じじゃないと思うけど、
なにかやりたいけど、
なんやかんや理由つけてやらない人。


時間がない、子どもが小さい、お金がない。
そんなのイイワケでね、それがクリアされたら、
また別のイイワケ探し出して、結局やらないから。


きっとね本心(潜在意識)では、やりたくないんですよ。
それ、早く気がついた方がいいよ。
時間の無駄だから。


そして、一刻も早く自分の心と会話して
「本当の自分の願い」に気がついた方がいいよ。


ビックリするよね、自分さえも騙しちゃうんだって。
自分軸が出来てないって、
こういうことなんだよね。


自分のことは、自分が一番わかってる、
っていうじゃない?
でもね、いちばん知らないのは、
実は自分だったりするのよね。


自分のしたいことを、ちゃんと知ってますか?
知ってたらね、進めてるはずなんですよ、ウフフ。
進めてないとしたら、疑ったほうがいいですよ。ではよい週末を。

~聞きたい、言いたい、などこちらからどうぞ~