読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じる勇気をとりもどす旅

思考、感情、こころの、点と点をつなぎ、本当の自分へ還る方法を探します。

自己肯定感は上がりません!

とあるサイトを読んでいて「自己肯定感をあげるために」という記事に目が行きました。 こういう記事を書いているということは、まさに自分が、自己肯定感が低かったからなんですが、自己肯定感は上がりません!ですので、「自己肯定感が低い」そう思った時に…

見えてない、に気がつくことは難しい

見えてない。 わかってない。そんなことはたくさんあるのに、 わたしたちはつい、 見えてないものを、 なかったことにしてしまう。 先日お話した男性は、 無意識とか、集合意識とか なんかある気はするのだけど、 それだけを信じるのは怖すぎる。 と、仰った…

あの時こうしていたら、と思った時に。

あの時、こうしていたら。 あの時、それがあれば。 人気漫画のタイトルではないけれど、 私たちの心は、油断してると過去に飛ぶ。 それはもう魔法みたいに、あっという間。ぼーっとしていると、 頭の中で、過ぎた事柄や、 不安がぐるぐるしてくる。ああだっ…

目の前であなたの悪口を言われたとしても

その人はその人、自分は自分。分かり切っているようで、実は境界線を引くのが難しい。 誰かと同時に同じことを経験しても他の人にも同じ感情が起こるとは言い切れない。例えば、何かの面接試験に落ちたとする、Aさんと、Bさん。Aさんは、うまく受け答えでき…

全部OKなら苦労しないんだよねー、うんわかるー。

「全部OKといかないから、この講座にきてるわけで…(大幅に意訳)。」先日受けた講座でおよそ、こんなことを仰った方がいた。 「全部OKってことは、いろんなセミナーとか行かないってことですよね…。」あぁ、そうそう、そうなんだよね。現状をどうにかしたく…

傷ついたら「心」も手当が必要なの

昨日、冷え性のような些細な症状でもそれを我慢せずに治すよう心掛けてほしい。という記事を書いたのです。→「冷え性」も「しんどい」も放置しないでね 小さい症状も度重なると大きな症状の引き金となったり、それを放置することで、大きな症状の原因となっ…

「冷え性」も「しんどい」も放置しないでね

ここ最近、足先が冷えるのよね、どうやっても治らないのよね。という話を数人から聞きました。 冬ですものね、寒い時期にはよく伺う話です。でも、どうやっても治らないというのは、ちょっと厄介。私は、北の大地生まれでして、小学生から冷え性でした。中学…

あなたは、悪くない。

「もー、分煙してくれればいいのに!!」久しぶりに会った親友は、唐突に言った。隣に座った客が、「すげーヘビーだったな。」そう言ったのだそう。 私は、片隅で聞いたかもしれないその台詞を、心の中で反芻してみた。「すげーヘビーだったな。」それだけを…

「怒り」と仲良くなる方法

「怒り」を表現することが苦手。怒ってる人も、怒りを自分が感じる事すら嫌い。という方がいらっしゃいます。逆に、何を伝えるにしても「怒り」でしか表現できない、という方もいらっしゃいます。「怒り」とは不思議な感情です。 「歓喜」や「悲しみ」を表現…

あの時、何も言えなかった自分をゆるす方法

あの時、あんなこと言われて悔しかった。あの時、ひどい思い違いをされて、悲しかった。一方的に決めつけられて、私だけが悪いように言われて、そのまま別れてしまった。でも、その時は何も言えなくて、ただびっくりして、感情を飲み込んでしまった。 違うっ…

無理に断捨離なんてしなくてもいい。

最近の会話で感じたことをメモしておきます。 断捨離が出来ない、進まない、というお話を聞いていると、2パターンに分かれることに気がつきました。 過去執着型 未来不安型 です。「過去執着型」は、昔の楽しかった思い出、頑張った自分の実績、などへの未練…

自分が幸せだって気づいてますか?

「人は、自分が幸福であることを知らないから、不幸なのである。」とは、ドストエフスキーの言葉でした。 わたくしは、こういった説教臭い蘊蓄がらみの言葉が大好きです。ははw言葉は、知ってるはずの事すらも、まったく違う角度でとらえ直すきっかけを与え…

なにかと批判してくる人への対応

どう生きようが、その人の自由です。 悲しみの側面しか見つめず悲観的に生きようが、怒りと不快感をまき散らしながら不機嫌にを生きようが、はたまた、人の生き方に口をはさみ、なにかと非難しては生きようが……、まったく、その人の自由です。また同時に、満…

自分を大切に扱うことを、 自分に許すということ。

前回、まず、アロマオイルを入れたお風呂で ゆっくりと体を温め、筋肉の緊張を ほぐしてあげてください。 と、書きました。←前回の記事はこちら 一見、何も関係がないと思われるかもしれませんが、大ありです! やりたいのに出来ない。 変わりたいのに変われ…

自分の本心に目を向けず逃げ回っている人

きっちり8日間夏休みをいただきました。このブログも主婦もお休みして、母や親戚たちや、旧友の顔を見て参りました。普段、法事などでしか会いませんので、ただ顔を見に会いに行くなんてことは、小学校の夏休み以来のことかもしれません。 ひょっとすると、…

完璧主義の裏側にある不安と恐怖

「どうにかして自分を変えないと、一生後悔して終わるぞ。」社会に出たころから、そんな思いが自分にありました。 「自分の素直な感情や思いを相手に伝えてはいけない。」そんな思い込みや、「好意を相手に伝えるのが怖い。」こんな恐怖で、こころに蓋をして…

遠く遠くを探し求めて、疲れ果てていました。

そこそこに贅沢してきたしそこそこに自分の好きなことにお金かけてきた。 レストラン、ワイン、歌舞伎、サントリーホールケニア、トルコ、ブータン、ネパール、セミナーや書籍、写真の機材、教室……。ルブタンもジミーチュウも、ジバンシィもMAXMARAも。でも…

他人の裏庭の芝生まで刈ろうとする人

わたくしは現在のところ働かずに生きております。 いわば非生産の側で生きている一消費者(寄生虫)なわけですが、夫の理解に支えられ、この状況を享受しております。「当分仕事しない。」わたくしは、夫にも母にも、そのことを告げるのがとても嫌でした、や…

仕事辞めたら自分がゴミクズ以下に感じられた話

最近じんわりと心境が変化してきていて、心からゆったりとしていられるようになってきております。おかげさまで、なーーーーーんにもせずにただ暑い夏を過ごしております。 この感覚、タイに行ったときに欲しかったなー。この暑さにタイを思い出したので、書…

やってないわけじゃないことに気がつかない人

そうなのよ。「やりたいことが見つからない」とか、「やってる気になってるけど、これでいいのかわからない」とか、「やりたいことがあるのになんだかできない」とかそんなこと言ってるけど、決して「やってない」わけじゃないのよ。 やりたいことが見つから…

得意なことと、好きなこと

わたしには、「得意だけど、別に好きではないこと」ってのがけっこうあります。 難なくできるから任されるし、楽にできるから人より上手。仕事って割と得意なことが集まっててお客様との折衝や、デザイナーとのやり取り、なんていうのが、わりと得意。作って…

ひどい言葉を投げつけられたとき

日数カウントを止めました。三か月たてば別の人。ごきげんいかがですか? 起きていることは常に正しく、意味を持たせているのは自分です。出来事は、出来事として、わたくしの周りで起こり続けます。でも、それだけです。出来事をどう捉えるかは、自分次第。…

110日目:不安王国の奴隷ができるまで

会社をやめてから110日が経過したそうです。何日までカウントするのかなぁ。連休明け、お休み疲れしていませんか? 常識もひとつの価値観 価値観って、割と表に見えやすく、顕在意識でキャッチしやすいものもありますが、その価値観が、その人にとってあまり…

105日目:いい人であろうとする人

これもタイトル書いててざっくざく刺さりますねぇ…胸が痛いということは書いておいた方がいいってことですね、きっと。 窓の外は豪雨です。豪雨に「うわ、嫌だな」とか、感情を付け加えるのは人間だけなのでしょうか。ごきげんいかがですか?いやな奴と思わ…

104日目:幸せが思い描けない人(2)

幸せ、をキーワードに写真を探しておりましたら、菜の花畑の写真がありました。どこで撮ったかも覚えていないのですが、黄色はなんだか幸せを感じますね、ブログの写真はすべて自分で撮ったものですはい。ごきげんいかがですか? 103日目:幸せが思い描けな…

98日目:いつも言い訳をする人の心

// 前日に、翌朝9時の約束に遅くなるという電話をいただき、本日、さらに遅れそうという電話を頂いて、最終的に一時間半の遅れで、キッチンの水回りの工事をしていただいております。暑いですね、ごきげんいかがですか? 最初から無理な約束をしなければいい…

97日目:「怒り」を使うことで、周りを服従させる人

会社を辞めて97日が経過いたしました。梅雨なんだか明けたんだかわからない日々ですが、ごきげんいかがですか? 先日の怒る人を、読んでくださる方が割と多いようですので、隣人の感情に大変な思いをしている方が多いのかなぁ、と感じています。あなたのせい…

96日目:ごきげんは作れる!

会社を辞めてから96日が経過したそうです。そろそろこのタイトルもどうだなかなぁ、と思ってはおりますが、もうちょっとシャチクを引きずろうかとグダグダしております。ごきげんいかがですか? 毎回ね、ごきげんいかがですか?って聞くじゃないですか、わた…

95日目:感情の便秘対策

// 会社を辞めてから95日が経過いたしました。今年も半分が過ぎましたね、焦ったりもしますが、もうちょっとグダグダ本を読み続けていたいと思っています。ごきげんいかがですか? 先日の記事で、きちんと食べ、きちんと出すと書きました。うんちも大事です…

91日目:すぐ怒る人との接し方

// わたくしの住むあたりは、都内でも有数の通勤ラッシュで知られる私鉄沿線です。しかしラッシュを過ぎると、席の譲り合い、声かけあいなどが日常の光景となる、とてものどかな路線です。そんな調子ですので、たまに他路線で怒号を聞いたりすると、すっと体…

84日目:わたくしは( )がないから出来ない、という人

雨模様でしたが、近所の神社へお参りにいってきました。神奈川県の神社庁ホームページでは、わが家の氏神様はこちらのは…ず。写真の後ろに写っているのおっきなブロッコリみたいのがご神木なのですが、こちらが巨大!で真下に行くのが怖いくらいの押し出しの…

83日目:専業主婦なんて生きている価値がない

会社を辞めてから83日が経過いたしました。 「主婦です。」の自己紹介に、ことさらに「うらやましいー」と言われることにも慣れて参りました。ごきげんいかがですか? きっと、以前のわたくしでしたら、子どももおらず、介護する年寄りもおりません、仕事で…

47日目:少しだけわたくしごと「自分のじゃない価値観」という名の怪物

会社を辞めてから47日目が経過いたしました。 たびたび、価値観の話を書いておりますが、どうして?とお友達に聞かれることがありますので、ちょっと個人的なことですが残しておこうかと思いました。同じように今、感じていらっしゃる人がいたなら、なにかの…

19日目:世界はあなたが作っている

この週末に、長野県の善光寺本堂へお参りにいきました。またあまり下調べもせずに伺ってしまい、阿弥陀如来様にご挨拶して後ろへ回ると、なにやら下へ行ける通路がありましたもので、ほいほいと階段を降りて行ったのですね。そこがですね、近年経験したこと…

14日目:叩く人、正義と恐怖。

久々に暇なものだから、普段見ることのない検索エンジン系ニュースやら見てるのですが、やたらとスケープゴートを見つけては引きずり出して石を投げつけている光景がやたらと眼に入ってきますね。やはり大勢の集まる所に首を突っ込むと、ろくなことがないな…

12日目:私はどこにでも行ける

そうだ 京都、行こう。って、JR東海のコピーですが、長い事色あせずに使われてきている優秀な「ことば」ですね。いまちらりとググりましたら、最初は1993年だそう。ぐるぐると考えていたときは、もやもやとした雲くらいだったものが、「ことば」としてそこに…